社会分野での監査・コンサルティングサービス

社会分野での監査・コンサルティングサービス

近年、自社のみならずサプライチェーンに対しても求められる社会的責任。
現状分析からタスクまで落としこみ、調達の適正化・より高度な社会貢献を支援します。

社会分野での監査・コンサルティングサービスとは

企業のサプライチェーンに対する社会的責任として、行動規範、倫理、人権、労働法等について、顧客企業から監査やセルフアセスメントを求められることが一般的になってきています。各社の状況やご要望に応じて、業務支援サービスを提供いたします。

社会分野での監査・コンサルティングサービスの一例

労務・人事等に関する遵法監査

労務・人事等の法令遵守については、マネジメントシステムだけではカバーしきれないこともあります。 専門のコンサルタントが適正な評価を行い、無自覚に法令違反してしまうといった状況を防ぎます。

サプライヤースタンダードに基づく監査

サプライチェーンにおいて、労働環境が安全であること・労働者が敬意と尊厳を持って扱われること・環境への責任、業務を倫理的に行うための基準を規定し、その基準に基づき監査し、クライアント企業が「安心して取引できる会社であること」を示します。

監査対応に向けた対応支援

年々厳格化し、対応コストがかさむ監査対応について支援を行います。 「どういった観点で監査が行われるか」といったポイントの共有や、社内対応工数の削減をサポートし、スムーズな監査対応を実現します。

導入までの流れ

詳細はお気軽にお問合せ願います。

PAGE TOP